引っ越しが安い時期とは?自分で荷造りする時のコツ

引っ越しを安く済ませるためにはどうしたらいいのでしょう。誰にでも出来るちょっとしたことをご紹介します。

引っ越しはお金がかかります。

少しでも安く済ませたい!

引っ越し業者を利用する方は、引っ越しする時期によって値段が変わるので、日程を調整できるなら、安くなる時期をねらいましょう。

安く引っ越しを済ませたいなら

月の真ん中の平日がねらい目!!

1月、2月、9月、10月、11月がいいです。

学期末年度末ゴールデンウィークなど、大型連休は避けてください。

特に3月や4月上旬は、誰もが予想できますが、引っ越しの数が多くなる分、値段も高くなります。

そして土日祝日も高くなりますので、安く済ませたいなら平日の真ん中(水曜日あたり)にするといいですね。

自分で出来ることは自分で!

これも安く済ませるタメのポイントです。

段ボール自分で用意する。

梱包もする。

039723

引っ越しの値段は、手間、量、距離で決まります。

手間の部分を自分で補うってことですね。

引っ越しの荷造りのコツ

自分で出来ることは自分で!ということで、自分で段ボールを用意し、荷造りをすれば引っ越しの値段が安く済みますが

適当にバンバン目の前にあるものから、段ボールへ詰めていけばいいってわけではありません。

部屋の奥にあるものから荷づくりをしましょう。

押入れの奥のものから段ボールに詰め、その詰めた段ボールをまた押入れに入れておく

こうすると引っ越し前の家の中が「通れない!」ってことになりませんよね。

何も考えず「まずは本棚の本から詰めよう!」ってやってしまいがち。

動線には置かないように!

そして、新居ですぐ使う生活用品は、一つにまとめておきましょう。

最後に

安く済ませたいなら、見積もりも大事です。

1社だけで決めてしまわないで、最低でも2社、できれば3社に見積もりを頼みましょう。

見積もりをしてもらった時に注意してほしいことがあります。

くれぐれも段ボールをもらわないこと!業者が見積もりの時に段ボールを置いて帰るんですよ。

もらえてラッキー♪じゃないんです!

段ボールをくれた業者にそのまま引っ越しを頼むなら、なんの問題もありません。なぜなら置いて行った段ボールは「成約プレゼント」だからです。

違う業者に引っ越しを頼んだ場合は、段ボールをくれた業者から段ボール代を請求されてしまうのです。

だから見積もりの時は、段ボールをもらわないようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました