第一印象には2つある!?印象アップの立ち姿や表情を良くする方法は

1つ目の第一印象は0.6秒で決まる!?印象を良くするための方法とは?


Cute cat / .:I’m-a-kitty-cat!:.

特にビジネスでは、いい印象を相手に与えたいですよね。

今回は、気を付けたい印象アップの秘訣についてご紹介します。

第一印象には「瞬間印象」と「本質印象」がある

まずは、第一印象から。

第一印象は2つのステップに分かれます。

瞬間印象

見た目が83%を占めます。

「瞬間印象」は0.6秒で決まると言われています。1秒もかからず、1つめの第一印象が決まってしまうなんて!

瞬間印象は見た目83%、声11%、香り6%が占めます。

本質印象

人の中身をイメージさせる印象。会話を始めて2~3分で決まります。

コミュニケーションに関わってくる印象である、優しそう、怖そう、親しみやすそう、っていうのがこれです。

本質印象視覚情報55%、聴覚情報38%、話の内容7%が占めます。

瞬間印象をアップさせるには「立ち姿」が重要

若い女性に多いのが、少し内股になってる状態。

印象を良くするための立ち方は

018082

かかとをしっかりつけ、つま先は30度くらい開き、ヒザとヒザを合わせるような形で真っ直ぐ立ちます。

左手が上で、右手の指を軽く握る感じで組み、おへそから5センチくらい下のところに手を置きます。

両脇は、わきの下に卵が1つ入っているイメージで少し開くと美しい立ち姿になります。

会話術は「NG表現」に注意!

うまく会話するコツをご紹介します。

ペーシング

会話を相手に合わせるということ。

オウム返しといわれるような、相手の言葉を繰り返すことで、承認して共感することにつながります。

NG敬語

会話を妨げてしまうってことがあるんです。

例えば「ご注文は○○でよろしかったでしょうか?」

過去形はおかしいです。

NG表現

「なにげに」という言葉。いい印象の言葉じゃないですよね。

特に年配の人に評判が悪いのが「わたし的には・・」という言い方です。

あと、「何か飲まれますか?」と聞かれた時に「大丈夫です」という返事もよくないですよね。

その場合だと「ありがとうございます、今は結構です。」というのが適切な返し方です。

表情筋のトレーニング

人間の感情「喜怒哀楽」を絵で描いてみてください。

042937

笑ってる時は目元が下がって口元が上がって、怒った時は目がつり上がって、口元が下がって、悲しいときは目元も口元も下がってませんか?

表情の違いが出るのは「目元」と「口元」です。そして顔の左右のバランスで決まります。

怒りマークは左右どちらかにしか付けませんよね。“左右非対称”だと「怒っている」ように見えるからなんです。

左右対称でスッキリした表情を作るためには、表情筋を鍛える必要があります。

おでこじゃなく、目の周りの筋肉を動かすのがポイント!

まゆ毛の下側を指で押さえます。この状態で目を持ち上げましょう。

この時、まゆ毛が動いてしまう人は目の周りでの筋肉ではなく、おでこの筋肉で目を動かしてるんです。

おでこの筋肉で目を動かしていると、おでこにシワができやすくなるんです。

目の周りの筋肉(眼輪筋)トレーニング

おでこが動かないように意識して目を上下左右に動かし、最後に大きく開く。

毎日、朝晩1回ずつ。

口周りのトレーニング

「う」と口をすぼめて、「い」で片方の口角を上げる。どちらか上げにくい方の口角を上げること。

5回1セットで朝晩3回ずつ。

まとめ

目の周りの筋肉トレーニングをすれば、目元がスッキリして顔の印象がよくなります。

口周りは、上げにくい方の口角を上げるトレーニングすれば、顔の左右のバランスが取れて、表情が豊かになります。

ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました