鳥インフルエンザの影響!鶏肉や卵は食べていいのでしょうか?

鳥インフルエンザのニュースを見ると大変なことになってますよね。

2014年4月に熊本で鳥インフルエンザに感染したニワトリが確認され、飼育されていた11万2千羽が殺処分されました。

伊勢神宮 内宮 - Naiku of Ise Grand Shrine // 2010.02.12 - 11
伊勢神宮 内宮 – Naiku of Ise Grand Shrine // 2010.02.12 – 11 / Tamago Moffle

鳥インフルエンザが流行ると、私たちの暮らしにどんな影響があるのでしょうか?

鳥インフルエンザはどこから日本にやって来るのか?

鳥インフルエンザの被害といえば、2010年から2011年にかけて全国9県24養鶏場で、およそ183万羽が処分されたN5H1型の大流行がありました。

ウイルスを日本へ運んでくるのは渡り鳥と見られています。

種類によって違いはありますが、渡り鳥が1日に飛ぶ距離は数十kmから数百kmです。

韓国、中国、そしてインドネシア方面からも渡り鳥はやってきます!

鳥インフルエンザと聞くと、心配になるのが人にうつるかどうか。

N5H1型は人にはうつらないです。

鶏肉や卵は普段通りに食べてもいい?

H5N1ウイルスに感染した鶏肉などは、市場に流通することはありません。

ただ、心配な人は加熱してから食べれば問題無いです。食品の中心部が70℃以上になるように加熱してください。

鳥を飼ってる場合はどうしたらいい?

外に出さないように!

野鳥に近づけないこと!

鳥かごをこまめに掃除して、フンはすぐに片付けましょう。

こうしたことを気を付ければ心配し過ぎる必要はありません。

人に感染する鳥インフルエンザ「H7N9型」

ただ、心配なことがあります。

現在、中国で猛威を振っているのがH7N9型というウイルスです。

H7N9型について詳しくは、こちら「鳥インフルエンザ H7N9型とは」←をご覧ください。

これは人に感染し、少なくとも50人以上が亡くなっています。

H7N9型は弱毒性で鳥には何の異常も見られないので、知らない間に人が感染してしまいます。

中国など、アジア方面に行く人は、インフルエンザ対策と同じ「手洗い」「うがい」を徹底してください。

タイトルとURLをコピーしました