年金で得するもらい方は?

年金は60歳からもらえるのかと思っていたらいつのまにか65歳からになってた。

しかし、前倒しで60歳からもらえるらしい。

逆に遅らせて70歳からにすれば、月にもらえる額が多くなるらしい。

年金のお得な貰い方とは

だけど長生きしなきゃトータルでもらえる額が少なくなってしまう。

そのへんについて今回は取り上げます。

年金の支給開始年齢は選択できる

今現在60歳~70歳の人で見てみます。

65歳から年金をもらうことにした場合

一般のサラリーマンだと月額は15万円。

この65歳が基準になります。1か月単位で支給開始年齢は選べるんです。

だから64歳11か月でもらうことにする、とか、62歳4か月でもらうことにする、とかでもらえる金額が変わります。

65歳より前に(前倒しで)もらうことにした場合

1か月前倒しすることによってもらえる額が0.5%減ります。

60歳からもらうことにしたら30%減るので月額は10万5千円になります。

65歳よりも後に(遅らせて)もらうことにした場合

1か月遅らせるごとに0.7%増えます。

70歳からもらうことにしたら42%増えるので、月額は21万3000円になります。

注意してほしいのが一度決めたら金額は、変わりません。だから、よく考えて決めてください。

年金の支給開始年齢はどの年齢を選べば、お得なの?

いつからもらおうかな?お得かどうかは、やっぱりもらえる総額が決め手ですね。

年齢 60歳から 65歳から 70歳から
75歳の時 2016万円 1980万円 1534万円
76歳の時 2142万円 2160万円 1789万円
81歳の時 2772万円 3060万円 3067万円

60歳からもらい始めた人は75歳までは多いです。65歳や70歳からもらい始めた人より多くもらえてます。

しかしそれ以降だと損になります。

ということは、年金の支給開始年齢を65歳よりも早めた人は「長生きすると損」ということに!?

70歳からもらい始めた人は81歳になると、総支給額が65歳からもらい始めた人に勝ちます。

単刀直入にまとめますね。

75歳あたりで永眠する人は←(^^;

年金の支給開始年齢を65歳よりも前倒しにする方が得!

81歳以上に長生きする人は、年金支給開始年齢を65歳よりも遅らせる方が得!ということになります。

支給開始を早めた人、遅らせた人、どっちが多い?

遅らせる人が多いのか、早めた人が多いのか、割合を見てみると

  • 年金支給開始年齢を早めた人・・・18.5%
  • 年金支給開始年齢を遅らせた人・・・1.2%

というふうになってるんです。

早めた人が多い!

最後に

何歳まで生きるのか、なんて分かるはずないんですけど、働く環境が整っている場合は支給開始年齢は早めない方がいいでしょう。

高齢でも働ける人や、財産がそれなりにある人は、支給開始年齢を遅めるのもオススメです。

まあ、早めもせず、遅らせもせず65歳からもらうってのが無難でしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました