前かがみになると腰が痛い場合の解消法は4つのストレッチ

腰痛は、つらいですね。おさまっても、また痛くなるんじゃないかって不安です。

私は特に、前かがみになる時に冷やっとします。痛いわけじゃないけれど、腰に違和感が。

腰痛じゃなかった頃は、無防備にバンバン前かがみになっていたというのに。今は、とても慎重になってます。

痛くなるのに怯えて暮らしていたくない!前かがみになる時に感じる腰の違和感。長時間座っていると痛くなってくる腰。どうにかしたい!

というわけで、どうにしかしてやろうと思います!

腰痛の原因は仙腸関節の動きの悪さ!?

座っている時に、床に落ちたものを取ろうとして前かがみになったら、腰が痛くなったことがあります。

反動を付けて前かがみになったわけでもないのに鈍く痛みがありました。

その後、どんどん痛みが強くなってしまって、あの時は大変でした。

腰が痛いといっても、私の感覚としては関節じゃなくて、腰のあたりの背骨の両側の筋肉(?)が腫れてる感じで。

前かがみになると腰が痛くなる人は、仙腸関節の動きが悪いから、なんですって。

仙腸関節ってどこのこと?

赤い部分が仙腸関節です。

腰痛は仙腸関節が原因かも

この部分の動きを良くしたら腰の痛みがラクになる!?というわけで、4つの仙腸関節ストレッチをご紹介します。

ストレッチをする時には、仙腸関節を意識して、さっきのイラストの赤い部分を感じて下さい。その部分が伸びたりして動いている感じがないとストレッチになりませんから。

仙腸関節をストレッチしよう

腰痛解消のストレッチです。

テニスボール

仰向けに寝て、仙腸関節の部分にテニスボール2個を当てます。

仙腸関節ストレッチ

脚を組んで倒す

仰向けに寝て、脚を組んで倒します。

前から開く

もう1つは、前からです。開くことで仙腸関節をストレッチします。

座って伸ばす

座って、片方のひざに脚を乗せて伸ばします。

まとめ

ご紹介したストレッチをやった後のことです。腰の痛みを感じてた部分である、背骨の下の方がポキっと鳴りました。伸ばしていたのは仙腸関節なのだから、股関節がポキっと鳴りそうなのに。

動きの悪い仙腸関節と、腰の痛みを感じた背骨の関節の部分とが筋肉でつながっているからでしょうね。

その筋肉が腰痛を引き起こしていて、今回の仙腸関節のストレッチによって、凝り固まっていた筋肉が引っ張られたりしてほぐされ、痛い部分の関節がポキっと鳴ったんだと思います。

私の腰痛の原因は仙腸関節の動きの悪さで間違い無い!これは効果が期待出来る!続けていこうと思います。

感想

腰が思いっきり痛くなって動けなくなった時の話。

布団に寝て激痛に耐えながら、痛くない体の向きを探るんですけど、どうやっても、どの角度でも激痛で。

眠りに入れば意識が無いから痛みを感じない。眠ってる間は、痛みから開放されました。しかし、寝返りなどで体を少しでも動かした瞬間、激痛で目が覚める。

うお~っと、のたうち回るも、痛い、痛い。その痛みに疲れ果てて、また眠りに落ちます。しばし眠りとともに休息。が、やっぱり寝返りなどで体が動いて激痛で目が覚める。その繰り返し・・・。

あの激痛の間は、「今包丁で刺されても気付かないんじゃないか?腰が痛すぎて」とか、
「出産ってめっちゃくちゃ痛いって言うけれど、絶対腰痛の方が痛い! 出産の場合は痛みに耐えた後には 赤ちゃんとの対面で感動がある。でも、腰痛を耐えた先には何にもない。ただただ、腰が痛すぎるだけ。それが収まるだけ。一体なんなんだーーー(T◇T)涙」など、訳の分からないことを考えていました。

腰痛って恐ろしいですね♪

タイトルとURLをコピーしました