ハンカチをプレゼントするのは失礼!?贈り物のマナーについて

贈り物のマナーについて

友人や知人の結婚祝い、出産・新築祝いなど、大人になればなるほど贈り物をする機会が増えますよね。

贈り物にもマナーはあります!

連想させる不吉な言葉などに注意して、贈り物を選ばなければいけません。

贈り物のNGとは

相手の立場になって、気持ち形に表すものが贈り物です。

前もって相手が欲しい物をリサーチしておくことが基本。贈る相手の背景まで心配りすることがマナーです。

このことを踏まえて、贈り物のNGとは何だと思いますか?

意外なものなんですよね。

ハンカチ

ハンカチって値段も手頃で贈りやすいですけどね。

ハンカチは漢字で「手布(てぎれ)」と書くため、「縁が切れる」ことを連想してしまいます。

お葬式の香典返しなどではよく使われますが、これは「お別れ」の意味もあります。

ハンカチが「手布」と書くだなんて、知りませんでした。この意味を知らない人へハンカチを贈ったとしたら、使い勝手も良くて喜ばれるでしょうけど、もし知ってたら・・・気まずい(^^;

靴下や靴

目上の人へ贈るのはNGです。

靴下や靴を贈ることは、目上の肩を「踏みつける」という意味があるので失礼に当たります。

玄関マットなども目上の方に対しては避けた方が良いでしょう。

引っ越しをした人へは

引っ越しをした人への贈り物のNGはなんだと思いますか?

赤いもの

リンゴや赤い鍋など、赤いものは「火事」を連想するのでNGです。

陶器や花瓶

割れる」「壊れる」を連想するので、陶器や花瓶も避けた方が良いです。

手土産でのNGは

目上の方には「筆記用具」はNGです。「もっと勉強してください」という意味が込められているので失礼に当たります。

作法としては、家にお呼ばれした時、玄関先で渡していいのは生花など水分があるもの。それ以外は、リビングに通されて挨拶が終わってから渡すのがマナーです。

入学祝いのNGは

「これからも勉強を頑張ってね!」という思いを伝えるのが入学祝い。なので、勉強をさまたげるようなゲームなどの娯楽品は控えましょう。

まとめ

気心の知れた友達への贈り物だったら、連想させる言葉とか気にすることなく選べますが、そうもいかない相手だと気をつけないと。

受験生には「落ちる」という言葉を言わないようにするとか、そういうのと同じですね。

ナイナイの岡村さんが、プライベートではスノボに何十年も行ってなかったんですって。スノボであっても「スベる」のは縁起が悪いから。でも、最近解禁したそうです(笑)

タイトルとURLをコピーしました