夏に体がだるくなるのはなぜ?

まあまあ食欲もあるし夏バテとまではいかなくても、なんか体がだるい。シャキッとしない。

暑いから気が引き締まらないだけなのかな~とも思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

夏だから、暑いから、日常でやっちゃってることで体がだるくなってるのかもしれません。体がだるい人は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

冷たい物を食べすぎて、内臓が弱っていませんか?

冷たい物を食べすぎていると、栄養素が体に吸収されません。そうすると、栄養の貯蔵庫である肝臓が弱ってしまい体に疲れが出ます。

弱ってしまった肝臓を強くするには鶏、魚、大豆などの、良質のたんぱく質を含む食材がオススメです。

それに、カボチャ、きのこ、ゴボウなどの旬の食材を合わせるといいでしょう。暑い夏を乗り越えた食べ物は栄養がいっぱい!

煮込み料理など、あたたかくして食べるといいでしょう。油分肝臓に負担がかかるのでNG!

鶏とカボチャを使ったオススメの簡単レシピをご紹介します。

カボチャと鶏つくねのあっさり煮

カボチャと鶏つくねのあっさり煮

作り方

  1. カボチャは種を取って、4cm角に切ります
  2. ボウルに鶏ひき肉を入れて、調味料Aを加えてよく混ぜます
  3. 鍋に調味料Bを入れて火にかけ煮立てて、2の鶏ひき肉をスプーンで団子状にして落とし入れます
  4. 鍋の脇にカボチャを入れ、やわらかくなるまで弱火で煮ましょう
  5. 仕上げに水溶き片栗粉で薄くとろみをつけたら完成

室内と外との温度差により、体がダルく感じていませんか?

冷房が効いた室内と、暑い外との温度差。女性はクーラーに弱い生き物です。

というのも熱を自分で生み出すことが出来ればいいのですが、女性は筋肉が少なく熱を生み出す力が少ないのでクーラーに弱いんです。

暑さ、寒さで体調不良となるのは自律神経が崩されているから。

自律神経を整えるにはリラックスが一番!

中でもオススメなのはシャワーではなく湯船に浸かる

029423

夏はシャワーで済ませがちですが、シャワークーラー相性が悪いんです。

体の表面をぬらすだけだと、クーラーにあたったら、より冷えてしまいます。暑い夏こそ体を温めましょう。

夏のだるさの原因

夏に体がだるくなるのは、暑さにやられてるというよりも
室内をクーラーでガンガン冷やしたり、冷たい物を食べ過ぎてしまうことが悪かったんですね。

暑さではなく、体を冷やしてしまうことが原因だったとは!!

体が冷えていないかどうか、ちょっと日常生活を見直してみたら、
体のだるさが取れるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました