アップサイクルのバッグはデザインも素材も個性的!

今ブームになりつつある、アップサイクルってご存知ですか?

リサイクルは知ってるけど、アップサイクル?初めて聞いた!という人も多いかと思います。

今、大手百貨店でも注目されてるんですよ。

アップサイクルとは

捨てられてしまうモノを利用して、オシャレなアイテムに変える新たな取り組みとして、注目されているのがアップサイクルです。

オシャレなアイテムに変えるってどういうことかというと、デザイン性やアイディアによって価値を加えて、捨てられてしまうモノを生まれ変わらせるのです。

端材のアップサイクル

アップサイクルブランドを紹介します。

製造工場などで出た端材など、捨てられてしまう素材を活用するバッグブランドがあります。

  • MEDECO(モデコ)

フローリングに使われる端材からショルダーバッグを作っています。また、独創的なアイディアから、規格外で廃棄されてしまうしかなかった車のシートベルトもバッグに!

使わなければ、ただ廃棄されてしまうけれど、カバンに形を変えると、まだまだ使ってもらえるものになる。

エコだし、可愛いMEDOCOの商品。消防服もカバンになってます。

一度お店で手に取ってみてはいかがでしょうか。⇒MODECOのyahoo検索結果はこちら

廃タイヤチューブのアップサイクル

廃タイヤチューブを使ったバッグ専門店もあります。

  • SEAL(シール)

トラックなどに使われたタイヤのチューブを使ってるんですが、加工が難しいので、カバン職人の技術が込められた一品となっています。

一番人気は、このバッグ。

デザインがめちゃくちゃかっこいいですよね。普段でも、ビジネスシーンでも使えるのが人気の理由です。

なぜ廃タイヤチューブを素材に選んだのかというと、廃タイヤチューブだからこその耐久性や世界に1つのデザインが生まれるから、ということです。

このスニーカーをよく見てみると

左右で素材の柄が違ったりします。1つ1つの廃タイヤチューブの見た目の質感に個性があるからです。廃タイヤチューブを使うからこその面白さや味わいですよね。

たまにタイヤの製造番号が入ってるものもあるそうです。ほんと、世界に1つのデザインだ!

その他のアップサイクル商品

さらに他にもたくさんのアップサイクル商品があるんですよ。

どんなものがあるかというと

  • 革の端材で作られたパスケース
  • ウエットスーツの生地で作られたがまぐち
  • ワインボトルで作られた皿

など、面白いものもあります。

このワインボトルで作られた皿は、実際に見てみるとオシャレ。プレゼントにもいいんじゃないでしょうか。インパクトは十分与えられますし、実用的ですし、エコですし。

最後に

アップサイクル、どうですか?気になりましたか?え!?そんな素材で?と驚かれた人も多いんじゃないでしょうか。

アップサイクル商品を実際に手で触ってみたくなりますよね。フローリングの端材で作ったカバン!?どんな感じなんだろう。ワクワク。

大手百貨店などに期間限定で出店していたりするので、お店に足を運んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました