パスポートを海外で紛失してしまったら?すぐに再発行してもらえるの?

盗難されたパスポートが誰かの手に渡り、悪いことに使われたり、偽造パスポートの事件など、ニュースで見ますよね。

旅行シーズンになると、海外へ行く人も多いと思います。

日本人のパスポートは大丈夫なのか!?心配です。

実はこんなデータがあります。

パスポートの紛失・盗難件数

外務省によると、パスポートの紛失・盗難件数は、年間およそ4万2000件(2010年)

このうち8割(およそ3万5000件)は国内で起きていて

  • 間違ってゴミと一緒に捨ててしまった
  • 引っ越しの時になくしてしまった
  • 空き巣

などにより、紛失・盗難となっていることが多いです。

残りの2割が国外で、ということになります。

国外でのパスポートの紛失・盗難は年間およそ7000件です。

パスポートが盗まれたら、どう悪用されるのか

国際的な身分証明書である「パスポート」が盗まれてしまったら、どんなふうに悪用されてしまうのでしょうか。

059178

アジア系の人物が使う場合は、日本以外の国々の行き来に使われることが多いです。

日本人のパスポートは信用性が高く、海外の空港では疑われないケースが多い。

盗んだパスポートは、そのまま使ったり、必要な部分だけを切り取り、一つのパスポートで、いくつもの偽造パスポートを作ったりされることがあります。

もし海外でパスポートを紛失したら

海外では、命の次に大切なものがパスポートだと思ってください。

日本人のパスポートは海外では非常に高額で取り引きされ、悪用されることがあります。

もし海外でパスポートの紛失や盗難にあったら、まずは、現地の警察に届けを出し、日本大使館や領事館に連絡をする。

パスポートの再発行は

  • 戸籍謄本
  • 写真2枚

が必要です。

それらを持っていればスムーズに手続きができます。

ただ帰国するだけの渡航書は、3時間程度で発行してくれるケースもあります。

最後に

パスポートを失くす人が年間4万人もいるって多いですよね。

約8割が国内で紛失しているということで、その中でも、自宅で失くす人が多くいます。

パスポートを持っている人は一度どこに置いたか確認してみてください。

あれ?無い・・・・、おかしいな~・・・。

ってことになるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました